ビジネスマナー講座

平成27年11月30日、山梨県立甲府工業高等学校定時制4学年の授業が午後7時45分から実施されました。

限られた時間の中でお伝えしなければならないたくさんの内容があり

私の授業のスピードについてきてくれるのか最初は不安がありました。

まずコミュニケーションのポイントを押さえ、正しく聴く、正しく見る、正しく答える、ということを考えてみました。

相手に分かりやすく伝えるには、結論から話したほうが伝わりやすいことを、絵を描くことで体験していただきました。

また、お辞儀は分離令で言葉と動作は同時進行しないことや対応シーンによりお辞儀の角度を変えることも習得していただきました。

先生方は、このような授業スピードでも生徒たちが内容を理解し、対応していることに感心した様子でした。

ロールプレイングでは、先生が上司役、生徒が社員役となり、現場で起こりうるシーンを演じていただきました。

良いコミュニケーションと悪いコミュニケーションの違いについて考え、それぞれの対応シーンにおいて、どう対応すればよいのかを実践しました。

アルバイトや正社員として働いている現状があるので、すぐに対応出来たように感じました。

どの生徒も積極的に参加してくださって、大変充実した時間となりました。

生徒をとても温かく見守っている先生方がいて、それにこたえている生徒の姿に、お互いの信頼関係が伝わってまいりました。

自ら見本をお示しくださり、ご協力くださいました生方には、感謝いたしております。

また、疲れている中で、耳を傾けてくださった生徒の皆様、お疲れさまでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です