接遇マナーとコミュニケーション研修

みなさん、こんにちは。

今日は、梅雨の合間の青空がとても綺麗ですね。

さて、先日6月12日(金)は、山梨県知的障害者支援協会のスタッフの皆様との社員研修でした。

テーマは「組織のコミュニケーションと接遇マナー」。

日頃、わたしたちが何気なく交わしている言葉(会話)。

このひとつひとつの言葉(会話)が、ビジネスシーンにおいては特に、重要な要素を含んでいます。

伝える側が、伝えたいこと、伝えるべきことをきちんと伝え、

受け取る側が、相手の意とする思いをきちんと受け取る。

とても簡単そうに聞こえますが、人はそれぞれ感じ方が違いますし、

同じ言葉を使っても解釈が異なる場合があります。

伝える側のちょっとした言葉が足りなかったばかりに、

また、受け取る側のちょっとした思い込みや勘違いがあったばかりに、

正しく伝わらず、誤解やミスを招いてしまうこともありますね。

そこで、どのように伝えればよいか、どのように聴けばよいか、ということに加え、

「互いを思いやる心」とはどんなことなのか、をアドバイスして参りました。

すべて「心」ありきです。

なぜなら「心」が言葉になり、行動になるからです。

それは、組織内の人とのコミュニケーションも組織外の人とのコミュニケーションも

同じことですね。

kako-R0F1NxkLvOKLmKYB.png

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です